桜、涙、そして青空

HSP母が子どもの病気や不登校と闘った日々の記録

次回の「ウワサの保護者会」。不登校の関係者の方々は要チェック!

f:id:yuzusizuku:20220114160839p:plain

 

次回、1月15日放送の「ウワサの保護者会」。

 

ブロ友さんから教えていただいたのですが、不登校 家族のすれ違い」という内容だそうですよ。

不登校の子どもがいて悩める方はもちろんなのですが、関係するまわりの方々もチェックしてみると気づきがある内容かもしれませんね。

 

わたしが一番してほしくないことは、不登校の子どもと親を追い詰めて、孤独にさせること。

 

それ、誰も幸せにならないので。

 

でも、実際はそういうことが多々あります。わたしもそうでした。

 

まわりの言葉に、どれだけ追いつめられ、涙したことか・・・。

 

きっと、まわりの人も悪気があったわけではないと思うのです。

 

今ならわかります。

 

でも、渦中にいると、まわりの人の言葉が悪意や、自分を追い詰める言葉にしか思えないんですよ。

 

予告のところにも、「夫が甘えだという」「祖父母が学校に行くように言い続ける」と、書かれていますしね。

 

不登校の子どもがいる経験をした家庭には、あるあるな出来事だったりします。

 

「甘え」というのは、わたしたち親世代では学校に行かない子どもというのは、本当に少数派だったから、しょうがないのかもしれません。

 

子どもの不登校問題に向き合って、情報収集をしているのはお母さんが一般的には多くて、お父さんの方はイメージで何かを言うパターンが多そうかなと思います。

 

さらに、わたしたちの親世代である祖父母は、不登校などあり得ない的な方が多いと思うので、そうなりがちなのかなと。

 

どういう内容かが、まだわからないので、いろいろ書きにくいのですが、ヒントになることがあればいいなと思い、わたしは見てみまーす!

 

気になる方はぜひぜひ!!!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

このサービス、代表が不登校界隈では有名な小幡和輝さんで、ちょっと気になっています。

無料体験会を子ども(次男)に聞いてみて、申し込んでみようかなと検討中です。

というのも、フリースクールが財政的に厳しくて、何かないかなと探しているところだったので。

オンラインっていうのも、いいかなと思います。